コロナ感染の不安の中、お葬式はどうされていますか?


これは、弊社へも寄せられた質問です。

緊急事態宣言、まん延防止等重点措置が発表され、まだまだ新型コロナウイルス感染症の不安がつきまとっています。このような中、3密を避けた新しい生活からお葬式も変化してきました。

一日葬 ・家族葬 ・骨葬(火葬後に行う)・オンライン葬儀 等々

「人が多く集まる所は、避けた方がいいのか?」「葬儀に親戚は呼んでもいいのか?」などの質問が寄せられます。故人を思う気持ちは誰しも変わりません。十分な感染対策を行い、納得できる葬儀を行いたいものです。

訃報の案内を受けたとき(1)

感染リスクを避けて お別れをしたい

 

家族葬が広がる中、訃報の案内を受けたとき、「人が集まる所は遠慮したい」とお考えの方は、後日お参りに行くという方法があります。事前に連絡しておけば、相手の気分を害することはないと思われます。

「多少人が多くてもお別れはしたい」とお考えの方には、通夜が午後6時だろしたら、通夜の準備も終わった頃午後4時、あるいは午後5時頃お参りに行かれることをお勧めします。通夜後は、ご遺族も緊張から解放され、お食事をされているかもしれません。ご遠慮された方がよいかもしれません。

葬儀が午後1時の場合、2時間前くらいがよろしいと思います。1時間前だとおときの時間と重なる恐れがあります。

訃報の案内を受けたとき(2)

ご弔問・ご会葬をご遠慮したい

 

ご弔問・ご会葬をどうしてもご遠慮したいという場合がございます。小さなお子様がいるとか、ご高齢のためコロナで重症化リスクを負いたくないなどの場合です。

そのような場合、弔電を出したり、ご供花を送られたり、お電話でお別れできない旨を伝える方法があります。また、連絡を入れ、後日お参りに行く方法があります。初七日や四十九日にお花を送ることもよいと思います。

 

「訃報」というものは、亡くなられたことをお知らせするもので、必ず来てくださいというものではありません。

ご家族にご不幸があったとき(1)

ご家族だけでお別れしたい場合

 

参列していただくことを辞退するときには、「葬儀前に訃報を伝えずに、葬儀後に連絡する」という方法があります。この場合、よくよく理解していただいている方たちなら良いのですが、後日「何故知らせてくれなかったのか」ということも起こります。注意が必要です。

もう一つは、葬儀前に訃報を伝える際、「参列辞退の旨を伝える」という方法があります。近い親戚であれば、亡くなった時点で訃報を伝えるべきだと考えます。この場合、訃報を伝える際に周りの方へのお知らせはしますが、「このような状況ですので家族だけのお別れとします」と一文添えれば、十分ご理解は得られると思います。

そのとき、香典や供花を辞退する意思があれば「恐れ入りますが、ご香典やご供花もご辞退申し上げます。」と明確にお伝えましょう。

 

ご家族にご不幸があったとき(2)

できればお別れに来ていただきたい場合

 

コロナ禍のご葬儀では、感染拡大防止に努めることが最も重視されます。三密を避けることを意識した「手指の消毒」と「マスク着用」、「距離の確保」などが重要になってきます。

従来は通夜・葬儀の時刻のみをお知らせしていましたが、三密を避ける方法として、分散して来ていただくという方法があります。例えば、午後6時の通夜だったら7時以降に来ていただくという方法です。また、お寺様(宗教家)に事前にご相談され、早めに通夜・葬儀を済ませ、その後弔問・会葬を受けるということもよいと思います。 

なお、葬儀の形態としては、一日葬や家族葬など、葬儀自体の規模が縮小され、かつ少人数での葬儀が多くなりました。 

また、火葬だけを済まし、コロナ収束後に葬儀を後に行う骨葬(後日葬)や、自宅で葬儀を行う自宅葬(ステイホーム)など新しい形態の葬儀も出てくるようになりました。

コロナ過での葬儀の形

 

一日葬

お通夜を省略し、葬儀と火葬のみを執り行う葬儀のことを一日葬と言います。

葬儀も1日で完結するため、接触する人の数も減ります。

さらに、遠くから来てくれる人も宿泊する必要がなく、宿でのコロナ感染リスクを心配する必要がありません。

家族葬

家族葬は、家族を中心に近親者や親しかった友人たちなど少人数で行う葬儀のことです。

通常の葬儀は準備から式までにかなりの気遣いを要するため、家族葬は、故人を偲ぶ時間を十分にとりたい方などが選択される傾向にあります。

また、家族葬は少人数で執り行うため、三密を回避できるという意味で、コロナ禍で選択される方が多い葬儀形式になります。

骨葬

(後日葬)

骨葬(後日葬)とは、火葬後に、通夜や告別式を行う葬儀です。そしてその葬儀を後日執り行うという方法を選ばれる方もいらっしゃいます。

「今、不特定人数の人と接触するのは避けたい。」「遺族に高齢者がいて持病があるので、すぐに葬儀を開くのはどうかと思う。」など、何かしらの理由ですぐには葬儀を執り行うことが難しい場合に選択されます。

現在のコロナ禍の状況を汲み取った葬儀形式と言えます。

自宅葬

(ステイホーム葬)

昔から行われていた自宅葬で、基本的に葬儀場で行うものと違いはありません。

ここではコロナ禍において、不特定の人と接触するリスクもなく、故人との別れの時間も取ることができます。葬儀場の代金がいらないため、低予算で行うことができます。

オンライン葬

斎場には家族や親族、近しい人のみが参列し、その様子をオンラインで生中継する葬儀をオンライン葬儀と言います。 

この方法では、葬儀のライブ配信に参加し、香典や供花などもクレジット決済で贈ることができます。

また、海外に住んでいる方や、足や体の不自由な方も参加することができます。しかし新しいる葬儀形式のため、やはり周りの理解が必要です。

令和2年7月29日 厚労省 経済産業省 

(https://www.mhlw.go.jp/content/000653472.pdf)

新型コロナウイルス感染症により亡くなられた方 及びその疑いがある方の処置、搬送、葬儀、火葬等 に関するガイドライン より

省略

2-6. 通夜、葬儀 ◆対応のポイント

○ 新型コロナウイルス感染症により亡くなられた方の通夜、葬儀については、現下の社会状況から、執り行われる機会が少なくなっていますが、今後の社会状 況の変化や遺族等の方の意向を踏まえ、執り行うことが可能かどうか検討して ください。

○ 濃厚接触者でない遺族等の方

・遺体等を取り扱う事業者等と濃厚接触者、そし て濃厚接触者同士が可能な限り接触しないで亡くなられた方のお顔を見る場を、可能であれば設定できるように検討してください

○ 必要に応じて代表参列やオンラインを活用する等のできるだけ対面を避ける取り組みも推奨されます。

○ 通夜、葬儀を執り行うことが困難な場合は、火葬後に後日、改めて骨葬を執り 行うこと等も考えられます。

○ 遺体からの感染リスクへの対応

・非透過性納体袋に収容・密閉されていれば、遺体への特別な感染対策は不要ですが、非透過性納体袋を適切に管理することが必要です。

・遺体からの接触感染を避けるため、非透過性納体袋を開封しないでください。

○ 人からの感染リスクへの対応: 遺族等の方、宗教者、会葬者、遺体等を取り扱う事業者が葬儀会館等に会する際、 葬儀業「新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドライン」に沿った感染対策を行う ことが求められます。

◆遺族等の方へ

・適切に感染対策を行い、安全に通夜、葬儀が執り行えるように、遺体等を取り扱う事業者の指示に従ってください。

後略

 

※通常であれば火葬は死亡後24時間後となっていますがコロナで亡くなられた方は、感染症による死亡となり24時間以内に火葬することができます。

令和2年5月29日 

全日本葬祭業協同組合連合会

一般社団法人全日本冠婚葬祭互助協会

(https://www.zengokyo.or.jp/wp/wp-content/uploads/2020/05/e80b485c4979910cfe54ba7bb12dafc2.pdf)

新型コロナウイルス感染拡大防止のための通常の葬儀施行について より

省略

1.新型コロナウイルス感染拡大防止のための通常の葬儀施行のポイント

 

① 葬儀の打ち合わせ等で来場する方に対応する際には、ソーシャルディスタンス(1m 以上、可能なら2m以上)の間隔をとるように工夫をする。また、対面式で行う際には、お互いにマスクを着用すると共に、対面で座らないような座席配置を工夫する 1 。葬儀業者スタッフの安全を確保するために、ご遺族に対し事前に「可能な範囲 で、打ち合わせに参加される方の健康状態」、「打ち合わせの際は、できるだけ少人 数で行うこと」等確認するとよい。また、対角線上にある窓やドアを開ける等換気を 良くし、手指消毒液やティッシュペーパーを常備しておくこと。打合せには、適宜オ ンライン(電話やFAX、メール、郵便物等)を併用して行うとよい。

1 座席配置が対面になる場合には、アクリル板・透明ビニールカーテンなどで遮蔽することが考えられる。

 

② ご遺族、会葬者等が風邪のような症状や発熱など体調が優れない場合、新型コロナウイルス感染症陽性とされた者との濃厚接触がある場合、同居家族や身近な知人に感染 が疑われる方がいる場合、過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を 必要とされている国・地域等への渡航並びに当該在住者との濃厚接触がある場合は、 来場をお控えいただけるよう案内する 2 。

 

③ 葬儀会館内にご遺族、参列者が入る際は、手指消毒(※)をお願いすると共に、マスクの着用をお願いする。マスクについては確保が難しいこともあるので、自社スタッフやHP等を活用し、参列者に事前に準備いただくことをお願いすることが望ましい。 また、マスクを着用せず来場する参列者のために、ある程度のマスクの備蓄等を考慮すること。館内には首相官邸並びに厚生労働省で作成した「感染症対策チラシ」等をプリントアウトの上掲示し衛生面での啓蒙に努めると共に、ご遺族、会葬者に配布す ることも検討する。 (※)手指消毒は、手洗いを前提としつつ、手洗いが十分行うことができない場合には 消毒液を活用する。

 

④ お焼香またはお線香をあげる際の動線や会場内の座席等については、人と人との間隔 を1m以上、可能なら2m以上あけ、ソーシャルディスタンスを保ったうえで整列ま たは着席できるようにレイアウトを変更する。

 

⑤ 葬儀の参列者については、ご遺族にある程度限定することも提案する。また、多くの 参列者が想定される際は、弔問の時間を長く設定し、予めご遺族、宗教者の了承を得 お焼香またはお線香のみでお引取りいただいたり、火葬場への同行者もマイクロバ スに間隔をあけて着席し、可能な限り換気に努めたり、あるいは個々が自家用車で行く等、極力「3密」を避ける工夫をすること。また、万が一感染が発生した場合に備え、個人情報の取扱いに十分注意しながら、参列者の名簿を管理すること。

後略

小さなお葬式プラン

29.8万円(税抜)から 《全7プラン

 

一般葬に近い社会的なお別れを行いつつも、ご家族のお気持を最優先し、温かいお見送りを大切にするプランです

お見えいただく方がいらっしゃるお別れに。ご会葬者のためのご準備を含んだプランです。

※写真はイメージです。祭壇は一例ですので、宗旨宗派/季節

 /施行場所等で多少の変更がございます。

※宗教者への御礼(御布施等)は含まれておりません。

 

■ プランに含まれる内容

祭壇生花装飾/祭壇用供物/お棺(桐平)/お骨壺(白)/ご遺影/セレモニースタッフ/

式場内線香等一式/斎場内備品・消耗品一式/式場使用料(1泊2日分)/式場看板・案内看板/白木位牌(法名軸)/ご納棺用品/お骨上げ用品/

ご遺体保存処置(1日分)/枕飾り一式/受付用品一式/運営スタッフ/

役所手続き代行/寝台車(病院より10kmまで)/霊柩車(火葬場へ10kmまで) 

家族葬プラン

19.8万円(税抜)から《全8プラン

 

お葬式の儀式的な要素を極力減らしつつも、故人とご家族の時間を第一に考えた家族葬プランです。

ご家族だけのお別れに。低価格で内容充実のプランです。

 

 

■ プランに含まれる内容

祭壇生花装飾/祭壇用供物/お棺(桐平)/お骨壺(白)/ご遺影/セレモニースタッフ/

式場内線香等一式/斎場内備品・消耗品一式/式場使用料(1泊2日分)/式場看板・案内看板/白木位牌(法名軸)/ご納棺用品/お骨上げ用品/

ご遺体保存処置(1日分)/枕飾り一式/受付用品一式/運営スタッフ/

役所手続き代行/寝台車(病院より10kmまで)/霊柩車(火葬場へ10kmまで) 

 

 

 

おうちでお別れプラン

19.9万円(税抜)から 《全2プラン

 

住み慣れたご自宅から送り出してあげたい…

そんな方におすすめです

日常と変わらないご自宅で、一番落ち着く空間で行う、ご自宅での家族葬のプランです。

 

■ スタンダードプランに含まれる内容

祭壇生花装飾/お棺(桐平)/お骨壺(白)/白木位牌(法名軸)/ご遺影/

ご納棺用品/枕飾り一式/お骨上げ用品/運営スタッフ/セレモニースタッフ/

役所手続き代行/寝台車(病院より10kmまで)/霊柩車(火葬場へ10kmまで) 

 

■ シンプルプランに含まれる内容

お棺(桐平)/お骨壺(白)/白木位牌(法名軸)/お骨上げ用品/

ご納棺用品/ご遺体保存処置(1日分)/セレモニースタッフ/役所手続き代行/

寝台車(病院より10kmまで)/霊柩車(火葬場へ10kmまで) 

 

追加料金不要プラン

28万円(税抜)から《全6プラン

 

追加の費用を一切心配せず、故人とゆっくりお別れしたい方におすすめです。

ご家族の人数とお見えになる方の人数に合わせたお料理やご返礼品がすべて含まれた、追加料金が不要のご安心いただけるプランです。

 

 

■ プランに含まれる内容

祭壇生花装飾/祭壇用供物/お棺(桐平)/お骨壺(白)/ご遺影/セレモニースタッフ/

式場内線香等一式/斎場内備品・消耗品一式/式場使用料(1泊2日分)/式場看板・案内看板/白木位牌(法名軸)/ご納棺用品/お骨上げ用品/

ご遺体保存処置(1日分)/枕飾り一式/受付用品一式/運営スタッフ/

役所手続き代行/寝台車(病院より10kmまで)/霊柩車(火葬場へ10kmまで) 

 

上記に加えて

●ご家族プランには

 おとき5個 通夜寿司1台 返礼品10個 

●安らぎプランには

 おとき10個 通夜寿司2台 返礼品15個

●もっと安らぎプランには

 おとき20個 通夜寿司2台 鉢盛1台 返礼品20個

                 が含まれています。

葬送プラン

13.9万円(税抜)から 

葬儀は不要とお考えの方、葬儀費用を抑えたい方におすすめです。

通夜や葬儀を行わず故人様をお送りする従来の直葬の流れのプランです。

※ご希望により火葬場での読経は可能です。

 

 

■ プランに含まれる内容

お棺(桐平)/お骨壺(白)/白木位牌(法名軸)/ご納棺用品/お骨上げ用品/

ご遺体保存処置(1日分)/運営スタッフ/役所手続き代行/

寝台車(病院より10kmまで)/霊柩車(火葬場へ10kmまで) 

あんしんプラン

久留米市内で生活保護を受給されている方限定のプランです。

葬祭扶助費からの追加費用がなく自己負担0円でお手伝いさせていただきます。

葬祭扶助費内で行いたい方

温かいお別れをご希望の方におすすめです

 

 

大善寺町のみな様 無料「シンシアクラブ」にご入会下さい

たくさんの特典をご用意して ご入会お待ちしております。

お葬式であわてないための無料会員制度
Check!
「シンシアクラブ」無料会員制度について
「シンシアクラブ」の特徴、特典のご紹介
ご入会は完全無料
Point
1

「しんしあクラブ」について

「シンシアクラブ」は事前にお葬式について知っていただき、あなたらしいお葬式ができるように情報発信していく会です。

「シンシアクラブ」は久留米市とその周辺にお住まいの方、もしくはご関係の方が久留米市周辺にご在宅の方限定です。ご了承ください。

Point
2

完全無料のわけ

「シンシアクラブ」 ご入会いただくにあたり、入会金・年会費、諸経費など一切発生いたしません。そして永年無料とさせていただきます。

正直に申し上げると無料は大変ですが、事前にお客様にお葬式の情報を発信し、予備知識を得ていただいたり、自分の考えを持っていただくことにより、私たちも心を込めたお葬式のお手伝いができます。小さな葬儀社である私たちができる範囲での小さなサービスとして無料とさせていただいております。

Point
3

会員様 7つの特典

特典1 会員価格最大10万円引き

ご葬儀総額から会員様の場合、最大10万円引かせていただきます。

すでに他社の会員になっていらっしゃる方や積み立てをしていらっしゃる方でもご納得のいくご提案をさせていただきます。一度ご相談ください。

各ご葬儀プランの詳細はこちらからご覧ください。

https://www.machino-sougi.com/25plan/

特典2 24時間ご相談無料

24時間365日、いつでもご相談下さい。どんな時も無料で対応いたします。

特典3 情報誌の定期発行
ニュースレター「しんしあ」「あんしん通信」を定期的に受け取ることで、大切な情報、お得な情報を購読することができます。※受け取る受け取らないも自由です。

特典4 遺産相続 遺言などの専門家のご紹介
もしもの時の遺産相続や遺言について、ご希望の方に専門家のご紹介をいたします。

特典5 事前相談時のお見積りを保証
事前相談後にプラン改正などで価格が変動した際でも、ご相談時にお渡ししたお見積り価格を保証いたします。

特典6 湯灌 化粧納棺10%引き
オプションの湯灌・化粧納棺の料金を10%割引きいたします。

特典7 遺品整理 お見積りより15%引き
白香苑にて遺品整理をご依頼いただくと、遺品整理お見積り額より15%引きいたします。

大善寺町でご葬儀を お考えの方は今すぐ
お気軽にお電話でご連絡ください
0120-38-6997 0120-38-6997
24時間対応
Access

久留米で家族葬専門の葬儀社,白香苑の詳しい所在地とアクセス方法です

概要

会社名 株式会社白香苑
住所 福岡県久留米市大善寺町宮本1501
電話番号 0942-26-6789
営業時間 24時間対応
定休日 年中無休
直営式場(2ヵ所) セレモニーハウス大善寺
久留米市大善寺町宮本1501
セレモニーハウス安武
久留米市安武町安武本3101-1

アクセス

久留米で30余年、皆様に安心の葬儀をご提案してきた白香苑のアクセス情報です。事前のご相談からお葬式後のサポートまで専門のスタッフが寄り添い、滞りなくサポートいたします。ご遺族様が気持ちにゆとりを持ってお見送りできるように努めますので、ぜひ私たちにお任せください。
白香苑の3つの特色

白香苑は小さなお葬式や家族葬を専門に執り行う葬儀社です

一般的なお葬式と小さなお葬式は違います。

一般的なお葬式はご会葬者をお迎えすることを前提としたお葬式です。しかし、小さなお葬式は、ご家族を中心に、故人様を偲ぶために集うお葬式です。

白香苑では小さなお葬式(家族葬)を、ただ規模が小さくなった葬儀としてではなく、しっかりとした付加価値をもって執り行っています。

 

白香苑はあなた様の思いを大切にする誠実なスタッフで運営しています

白香苑のスタッフは、入社してすぐにはお客様の担当は致しません。お客様のお気持ちを充分に理解でき、お客様側に立ったご提案ができるようになって担当者となります。ですから、あなた様が言葉に出しづらいようなご不安をお持ちでも、安心してお話ください。誠心誠意一緒に考えます。

故人様のことを最優先に考え、決して自己都合や葬儀社主導のご提案はいたしません。

 

創業30余年。久留米生まれ、久留米育ちの葬儀社です

スタッフ全員が久留米で育ち、久留米で生活する地元の葬儀社です。

久留米には知り合いばかりです。

これからも久留米で勤仕してまいりますので、お客様に不快な思いをさせたり信頼を裏切ることは絶対にできません。

特徴

久留米で長年営業している地域密着型の実績豊富な会社です

葬儀会社として地元の方からも親しまれている企業です

お葬式のプランが豊富なため、ご遺族様からも希望に沿った式ができたとのご好評を多数頂戴しております。家族葬のプランも展開しているので、故人様やご遺族様のご希望で、少人数での式を行いたい場合にも対応できます。サポートが手厚い点にも定評があり、お葬式のご相談や準備等は勿論、お葬式の後のお手続きや処理等のアフターフォローも行っており、最初から最後まで全てお任せいただける点も地元で選ばれている理由の一つです。

小規模な会社ですが、小さな企業だからこそできるきめ細かな対応や接客は、温かくて安心できると皆様からも高くご評価いただいております。ご遺族様や故人様のご希望やご意見を第一にして営業し、ご質問だけでもお待ちしておりますので、ご不明点・ご不安な点がある方やご利用をご検討中の方は、いつでも気軽にお電話ください。

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事